交通事故に遭われた50代の男性 |

こんにちは、淀川区の御堂筋線東三国駅から徒歩1分の東三国わだち整骨院です。
今回は交通事故に遭われた50代の男性の方の話です。

交通事故で腰を痛めた男の人

【症状】
高速道路にてトラックが進路変更をしようとしたときに左側から突っ込んできた形で事故に遭われ、
左の肩が上げることができず、痛みが出ており、腰の痛み、左太ももにも痛みと歩きにくさが出ておられました。

【原因】
事故の衝撃により筋肉が硬くなってしまっている状態で動かしにくさ、痛みがひどく出ていました。

【治療内容】
事故に遭われて三日目に来院されたので、筋肉に炎症が起こっている状態だったのでアイシングをして炎症を抑えるように、
筋肉の硬さが強く出ていたので、マッサージの治療を行い痛みと動かしにくさを取っていくようにさせて頂きました。
交通事故の治療は初めのうちはなるべく続けて治療する方が体の良くなる経過が変わるので週に4~5日くらいを目安に治療に来ていただきました。

【治療経過】
治療開始から一週間は炎症が強く出ていたのでアイシングを続けて行いました。症状はまだ痛みが強く出ている状態でした。
一か月経過した頃から少しずつ筋肉の硬さが取れてきて、痛みが下がってきました。まだ、動かしにくさは出ていました。
二か月が経過した頃から、動かしにくさも少しずつ取れてきました。
三か月後には、痛みと動かしにくさが取れて事故に遭う前の状態になることができました。

上記のような症状でお困りの方は、淀川区の御堂筋線東三国駅から徒歩1分の
東三国わだち整骨院までお気軽にご相談ください。

わだち整骨院グループ 店舗のご案内