腰痛について

日本人のおおよそ5人に1人が腰痛を抱えていると言われるほど、現代生活と腰痛は切ってもきれない関係です。マッサージで一時楽になったとしても、しばらくすると腰痛が戻ってくるという状況に悩まされている方も多いかと思います。

今回は2足歩行の愁訴とも言える腰痛の原因やメカニズム、さらには予防法に加えて糖グループでの施術についてもご紹介します。

腰痛の症状とその原因

まずは腰痛の症状とその原因について見てきましょう。

腰痛の症状とは?

一言に腰痛といっても症状は実に様々です。以下に一例をご紹介します。

・腰にコリを感じる
・腰が重だるい
・腰がズキズキ痛む
・腰にツッパリ感がある
・動作の初めに痛む
・腰をかがめると痛みを感じる
・腰が伸びない
・腰に電気が走る
・お尻や足にシビレがある

よく聞くギックリ腰も腰痛の一つです。ギックリ腰は急性の腰痛症であり、今回ご紹介するのは慢性の腰痛です。

腰痛の原因は?

では腰痛の原因にはどのようなものがあるのでしょうか?症状に個人差があるように原因も一つではありません。以下をご確認ください。

・骨盤や腰椎の関節の捻挫(骨盤・腰椎捻挫)
・腰回りを守っている靭帯の亀裂(腰椎すべり症)
・関節の変性など(腰椎分離症、腰椎椎間関節症)
・骨盤の歪み
・猫背による姿勢
・筋肉の炎症及び拘縮
・椎間板裂傷(椎間板ヘルニア)

足やお尻にシビレがでる原因についても、シビレ=椎間板ヘルニアであるとは限りません。シビレは神経が何らかによって圧迫されることにより、末端に症状が出ています。お尻の筋肉の緊張や腰周りの筋肉の緊張、関節のゆがみなどによりシビレができることもあります。

腰痛のメカニズムと予防法は?


では上記でご紹介した腰痛の原因ごとにメカニズムと予防法をご紹介します。

腰痛のメカニズム

骨盤や腰椎の関節の捻挫(骨盤・腰椎捻挫)は関節を守っている靭帯が伸びたり切れている状態です。その為、身体を前に曲げる動作などで関節が過度に広がり痛みを感じます。猫背の姿勢も腰が曲がった状態となることから、捻挫を引き起こしやすくなります。

腰椎すべり症は、背骨の中でも腰椎と呼ばれる部分の骨が前方に滑っている状態です。それより神経が引っ張られ、腰が抜けそうな痛みを感じます。腰には5つ骨がありますが4番目と5番目の間で好発します。

腰椎分離症は、腰椎の後方部に亀裂が入ることで起こります。過度に腰を捻るスポーツなどをしている方がなりやすく、太ももなどにシビレを感じます。前述の腰椎すべり症と併発することもよくあります。

腰椎椎間関節症は、腰椎の関節部分がスムーズに動かず、一部がロックしてしまっている状態です。それによりコリや痛みを起こし、動いていない部分をかばうために他の部位か過剰に動かざるを得なくなり捻挫を起こしたりします。

骨盤が歪むと左右の筋肉バランスが崩れる為、コリや痛みを感じやすくなります。

椎間板ヘルニアは椎間板が後方に突出することで、後ろを通っている脊髄神経を圧迫し、足にシビレを出します。腰を曲げる、捻る動作が多い人に好発します。病院で飛び出た椎間板を焼き切る、取り除くという方法もありますが、保存療法で改善させること可能です。

腰痛の予防法

腰痛を予防するために欠かせないのは以下の3点です。

1つ目は姿勢を正すことです。
姿勢を正すことで背骨のS 字カーブが正常となり腰にかかる負担を軽減することができます。猫背や足を組むといった動作をやめるようにしましょう。

2つ目は長時間同じ姿勢をしないことです。
特に座っている状態が長く続くと骨盤が広がり、靭帯にも負荷がかかりやすくなります。適度に運動をするのも予防として有効です。ウオーキングなどの有酸素運動がおすすめです。

3つ目は腰を捻る、曲げる動作を過度にしないことです。物を持ち上げるにも一旦膝を曲げてから持ち上げるなど、腰にかける負担を日頃から軽減するにしましょう。

当院の腰痛の施術法


たとえば同じように症状を感じていたとしても症状が異なることは多々あります。そのため、原因をしっかりと見極めて施術を行うことが大切です。

また腰を曲げると痛い腰痛、反らすと痛い腰痛では施術方法が異なり、誤った施術をすると逆に悪化させることもあります。

その為、当院ではまずは原因究明を何よりも大切にします。ただ筋肉をほぐせば治るのであれば、ここまで腰痛に悩む方もおられないでしょう。筋肉を緩めることで腰への負担を減らすことはもちろん大切です。しかし、まず症状を起こしている原因へのアプローチが改善への近道です。

姿勢が原因なのか?
ゆがみが原因なのか?
筋肉の緊張が原因なのか?
炎症を抑える施術が先決か?

これらを患者さん1人1人に対して見極めた上で、骨盤・背骨ゆがみ矯正、猫背整体、骨盤引き締め整体、鍼灸治療、マッサージ、ストレッチを選択し、現在の状態に最適な施術を時には組み合わせて行います。

「わだちグループ」各院には腰痛の症状で来院される患者様が多くいらっしゃいます。ご紹介してきたように、腰痛患者さんは非常に多く一人一人状態も原因も異なります。また日常生活の中に原因があるのか、仕事の姿勢なのか、趣味が引き金かなどと要因もさまざまです。

いつまでも、ただマッサージをしてやり過ごすのではなく、あなたの腰痛を引き起こしている原因をしっかりと見極めて根本的改善を目指しましょう。最適な姿勢、座り方、ストレッチなどもご指導しますのでお気軽にご相談ください。

No tags for this post.