テニス肘について

物を持ち上げるのに肘が痛い…
雑巾やタオルなどをしぼる動作で痛みが走る…
日常生活の一定の動作を行うときに痛みを感じるテニス肘は、テニスをしている人だけがなるとは限りません。

主婦や会社員にも増えているテニス肘に着目し、テニス肘を引き起こす原因やなりやすい職業やスポーツ、予防と対処法、さらには当院での治療方法についてご紹介します。

テニス肘の症状とその原因

テニス肘の正式名称は「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」です。
テニスプレーヤーがかかることが多いことからテニス肘と呼ばれています。

正式名称を簡単に紐解くと、上腕骨(肘から上の肩にかけての骨)の外側上顆(外側=肘側にある出っ張った骨)部分に起こった炎症となります。

では、テニス肘の症状とテニス肘を引き起こす原因についてみていきましょう。

テニス肘の症状とは?

テニス肘は以下のように手首を使う動作によって、肘の外側に痛みを感じます。

・ものをつかんで持ち上げる動作
・ドアノブをまわす
・タオルをしぼる
・キーボードを打つ

テニス肘の症状が初期の場合は、上記のような動作を取らなければ痛みは感じません。しかし、症状が悪化するとコップを持つなどの動作でも痛みを起こします。またひどくなると、じっとしていてもジンジンと痛むことも少なくありません。

テニス肘はどんな人がなりやすい?

テニス肘はテニスをしている方の約3~5割の方が経験するといわれますが、それ以外にも以下のような職業の方に起こりがちです。

・運送業者の方(重い荷物を持つ)
・大工さん
・料理人(重い調理具で手首を使う)
・システムエンジニアなど(パソコンを多用する方)

また女性は筋肉が弱いことと、家事の負担が重なり30~50代頃になると上記のような職業をしていなくても、テニス肘になることがあります。

テニス肘という名前が示すように、スポーツ障害の一種であり、バドミントンや卓球、ゴルフなどをする方にも好発します。

テニス肘の原因は?

テニス肘が起こる原因は「繰り返し過度に手首や指を使うこと」です。これにより肘関節に負担がかかるとともに、肘や手首、指などを動かす筋肉が疲労してしまうのです。

テニスをする方の場合、ボールをラケットで打つときに感じる衝撃を受け止めるのが肘から手首に付着している筋肉の腱となります。何度も何度も衝撃が加わることで、炎症が起こり、やがて痛みへとつながるのです。

テニス肘の対処法と予防法

では、テニス肘になってしまったときの対処法と予防法をみていきましょう。

テニス肘におすすめのストレッチ

テニス肘の対処法として、ご自分でできることといえば手首や指のストレッチを十分に行うことです。テニス肘は筋肉の使い過ぎであるため、スポーツや仕事などでの日々の筋肉の疲れをストレッチにより取り除いてやり、筋肉に柔軟性を取り戻させることが大切です。

簡単な方法をご紹介します。

1.ストレッチする側の腕を肩の高さまで、まっすぐにあげる
2.逆の手で手首を親指が上になるように曲げ、甲側に10秒ストレッチする
3.逆の手で手首を親指が下になるように曲げ、手のひら側に10秒ストレッチする
4.逆の手で手首を親指が内側になるように曲げ、手のひら側に10秒ストレッチする
5. 逆の手で手首を親指が外側になるように曲げ、甲側に10秒ストレッチする

テニス肘の予防法は?

テニス肘にならないためには、日頃のケアが大切です。上記でご紹介したストレッチを行うことに加えて、使いすぎたなというときはアイシングをして炎症をおさえる工夫も有効です。

また肘をぐるりと固定するバンドなどのグッズを利用するのも一つの方法です。腕のだるさや肘の違和感があるときは、あまり手を使わない、スポーツを一時期中断するという選択も大切でしょう。

テニス肘への施術法

テニス肘の鍼治療

テニス肘の症状が強くなると、タオルをしぼれない、物が持ち上げられないなど日常生活にも大きく支障が出ます。重症化してしまう前に、炎症を抑えて腕の筋肉の緊張を軽減していくことが大切です。

そこで当院では、肘周りに起こっている炎症をおさえ、改善させるために、ハリ治療なども取り入れています。また筋肉の緊張を取り除くために、マッサージ治療を用い、緊張が強い筋肉にしっかりとアプローチしていきます。

テニス肘は日常生活での家事などが負担となることも多いため、日常生活で気を付けることや使い方、注意点を指導することで、早期改善をはかっています。

「わだちグループ」各院にもなかなかテニス肘が良くならない…と悩んでいる患者様が多く来院されています。お話ししてきたように、テニス肘の原因にはさまざまな筋肉が関係しています。手を使わないという選択だけでなく、どう使うことが負担になるのかを知ることも非常に大切です。

テニス肘と診断されたが良くならない、痛みがどんどんひどくなっていく、また再発してしまった…という方に、わだちグループでは肘はもちろん体の状態をチェックし、最適な治療法を提案しています。辛いテニス肘にお悩みの方、お気軽にお問い合わせください。

No tags for this post.