30代妊婦女性 坐骨神経痛 |

こんにちは。

西宮市の阪神西宮駅から徒歩3分の西宮わだち整骨院です。

腰の痛みと太ももにかけてのしびれでお困りの妊娠中の20代女性の方が来院されました。

 

妊娠に伴う姿勢と体の使い方の変化によりまず腰痛が起き、

腰痛をかばう姿勢により筋肉の硬さが強くなったことで、

筋肉の過緊張、血流不全による神経圧迫からの坐骨神経痛が起きていると考えられました。

 

【治療計画】

腰の筋緊張と血流不全を緩和させ、神経の圧迫をなくすためマッサージを行いました。

姿勢の変化に伴う肩こり、妊娠に伴う下肢のむくみも出ていたので、

腰から下肢を中心とした全身マッサージを行いました。

 

【治療】

治療後 ➡ 前屈による痛みが少し軽減し、来院時より動きやすくなる

5日後 ➡ 時々筋肉のつっぱり感を感じるものの、日常的な痛みはかなり軽減した

1週間後 ➡ 痛みを感じることがほぼなくなった

1か月後 ➡ 経過随分良かったが、前日に良く歩き腰痛が出た。しびれは無し。

角度によって突発的な痛みが走る。

2か月後 ➡ よく歩くと腰痛を起こすこともあるが日常的に痛むことは無くなった。

基本的に調子の良さを保てている。

現在も治療継続中

 

このような症状でお困りの方は、西宮市の阪神西宮駅から徒歩3分の西宮わだち整骨院までお気軽にご相談ください。

 

わだち整骨院グループ 店舗のご案内

No tags for this post.