脊柱管狭窄症と診断された70代の男性の方 |

こんにちは。枚方市 枚方市駅から徒歩3分の枚方わだち整骨院です。

70代の男性の方が、整形外科で脊柱管狭窄症と診断されて来院されました。

毎日、散歩が趣味の方で、2年ぐらい前から足の方に痺れが出てきて今までだと5分で歩ける距離が、所々で休憩して歩いて10分〜15分ぐらいかかるようになってしまう状態でした。

その後整形外科で治療しましたが、なかなか改善せず、当院に来院されました。

当院では、腰部に電気治療を行なって手技療法(マッサージ治療)を背部〜下肢にしました。

その後、鍼治療を腰部と臀部の筋肉に行い、重点的に緩め、血流を改善しました。

1ヶ月程で休憩せずに歩けるようになり、痺れも出ない時間の方が多くなりました。

一年程通院されて現在では以前のように歩ける様になりました。

稀に痺れが出たりだるさが出る事はありますが、以前ほど強い症状が出る事のない状態になり、毎日の散歩をまたはじめられています。

上記のような症状でお困りの方は、枚方市 枚方市駅徒歩3分の枚方わだち整骨院までお気軽にご相談下さい。

お気軽にお問い合わせください!

肩こりや腰痛など、カラダに関するお悩みの方は、一度、お近くの「わだち整骨院」までお気軽にご相談ください。
さまざまな症状でお悩みの患者さまに寄り添った施術をいたしております。
No tags for this post.