大阪市在住の交通事故で首と腕に動かしづらさが出ている30代男性 |

こんにちは、淀川区の御堂筋線東三国駅から徒歩1分の東三国わだち整骨院です。

交通事故でむち打ち症になった若い男性

車を運転中に後ろから追突をされて、首、背中、左腕に痛みが出ており首と腕に動かしづらさが出ている30代男性が来られました。

【症状】首から背中は左右に動かすと特に強く痛みが出ており、左腕は手を上げると痛みが強く出ております。

【原因】後ろから追突されたことにより、筋肉が一時的に強く引っ張られた形になり筋肉が硬くなっており、炎症を起こして痛みが出ている状態です。

【治療内容】筋肉の炎症に対してアイシングと鍼の治療、筋肉の固さに対してマッサージの治療を行い痛みと動かしづらさを取っていくように治療をしていきます。

【治療経過】治療後は、アイシング、鍼の治療で少し痛みは下がりましたが、動かしづらさはあまり変わりませんでした。

一週間後少しづつ痛みは下がっておりますが、まだ動かしづらさは出ておりました。

二週間後痛みがだいぶ下がってきて、動かしづらさも少しづつ取れてきました。

一か月後痛みも落ち着き、動かしづらさもだいぶ取れてきました。

今現在も週に2~3回で治療を継続中です。

上記のような症状でお困りの方は、淀川区の御堂筋線東三国駅から徒歩1分の
東三国わだち整骨院までお気軽にご相談ください。

わだち整骨院グループ 店舗のご案内