ぎっくり腰について

日頃から腰痛をお持ちの方の中には、ぎっくり腰になったことがある方も多いかもしれません。またぎっくり腰を経験したことがない方でも、同僚がぎっくり腰でお仕事を休むという話を耳にしたことがある方もいらっしゃることと思います。

ぎっくり腰は魔女の一撃という別名がある通り、非常に強い痛みをともない動けなくなることも多々あるのです。

また誰でも経験する可能性があるぎっくり腰に着目し、症状や原因、予防法から施術方法についてお届けします。

ぎっくり腰の症状とその原因


ぎっくり腰は癖になるともいわれますが、そんなぎっくり腰の症状とそれを引き起こす原因について見ていきましょう。

ぎっくり腰の症状とは?

ぎっくり腰の症状というと強い痛みで動けなくなるというのが、多くの方がご存知の症状でしょう。しかしぎっくり腰にも程度があり、すべての方が動けなくなるとは限りません。以下に症状の例をご紹介しますのでご確認ください。

・身体を動かそうとすると、腰部にピキッと痛みが走る
・腰が痛くて踏ん張れない
・腰が熱い感じがする
・腰がひどく重痛い
・太ももなどに痺れを感じる

ぎっくり腰を起こした程度によって、痛みの強さや感じ方が異なります。また強い痛みを感じる日数も異なります。

多くの場合、起き上がろうとする、寝返りをうつといった動作のはじめに力が入らない、痛みが起こりがちです。また座りっぱなし、立ちっぱなしという同じ動作が続くと鈍痛を感じがちです。

ぎっくり腰の原因は?

続いて、ぎっくり腰が起こる原因についてですが1つではありません。

また病名のように思われている方もいるかもしれませんが、急に感じる強い腰の痛みの総称であり病名ではありません。

以下に具体的なぎっくり腰の原因をご紹介します。

・骨盤や腰椎の関節の捻挫(骨盤・腰椎捻挫)
・腰回りを守っている靭帯の亀裂(腰椎すべり症)
・関節の変性など(腰椎分離症、腰椎椎間関節症)
・筋肉の炎症及び拘縮
・椎間板裂傷(椎間板ヘルニア)

これらの原因が1つもしくは複数混在することがほとんどです。またぎっくり腰を引き起こす多くの方が、そもそも腰の痛みやだるさといった症状を抱えており、それが悪化した際にぎっくり腰を引き起こしています。

ぎっくり腰の予防法は?


前述したぎっくり腰の原因は、仕事や家事の負担、体重増加、日常の身体に悪い姿勢や運動不足がほとんどです。つまりこれらの負担を減らすことで辛いぎっくり腰を予防することができるのです。

では具体的に予防法をいくつかご紹介しましょう。

1.適度に体勢を変える

常に座り仕事をしている、立ち仕事をしている、中腰が多いという方は合間に少し身体を動かすなど体勢を変えましょう。

2.ストレッチをする

仕事や家事での負担を解消させることが腰への負担を減らすことに繋がります。お風呂上りであったり、休憩時間などにストレッチをすることは、筋肉の負担や関節への負担を軽減させることができますよ。

こちらのページに腰痛解消のストレッチのコツをご紹介していますのでご覧ください。また具体的な方法などは当院であなたにあったものをご紹介しますのでぜひお声かけ下さいね。

また睡眠不足やストレスなども溜まってくるとぎっくり腰を引き起こすことになりますので、ウオーキングをして適度に汗をかくことも大切です。また忙しい時でも睡眠時間を確保するように努めましょう。

なかなかご自身でこれらのケアができないという方は定期的に身体のメンテナンスを受けることも有効ですよ。

ぎっくり腰の施術法


ぎっくり腰になったことがある方は分かるかと思いますが、何か動作をしようとすると痛みがでる為、動くのも怖いものです。立ちあがる、ちょっと腰を曲げて何かをとるという動作でさえ慎重になりがちです。同時に施術で痛みが強くならないかという不安感もあることでしょう。

そこで当院では、まずは我慢できないそのつらいぎっくり腰の痛みを解消させることを最優先して施術に取り組みます。

ご紹介してきた通り、ぎっくり腰の強い痛みを引き起こしている原因は実に様々です。しかしそれらを検査などして突き止めることよりも、まずは痛みを失くすことが患者様にとって大切だと感じるからです。検査自体も痛みが起こる状態を作るため、ぎっくり腰の場合は体に負担となります。

ただし知っておいていただきたいのは、痛みが消えたこととぎっくり腰が治ったのはイコールではないということです。ここの誤解がよく言われるぎっくり腰は癖になるとされる所以です。

当院では痛みがなくなった、もしくはましになった後こそがチャンスだと考えています。ここでいかに再発防止をはかるかどうかで、本当の意味での完治へと繋がるかどうかが変わってくるということを知っておいていただきたいのです。

「わだちグループ」各院にはぎっくり腰の痛みを取りたいと来院される患者様が多くいらっしゃいます。ご紹介してきたように、まずは優先的に痛みをとることからはじめ、次のステップとしてぎっくり腰の原因を見極めてアプローチしていき、再発しない体作りまでを目標とします。その一環として「骨盤・背骨ゆがみ矯正」が重要となるのです。

ぎっくり腰がつらい方、癖になっているとあきらめているあなた!お気軽にご相談ください。

No tags for this post.