膝の痛みについて

歩き出しにふと感じる膝の痛み、階段の上り下りが辛い、正座ができない、など膝の痛みやこわばりに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

膝の痛みというと年齢のせいと考えがちですが、スポーツをしている学生や、妊婦さん、主婦の方など、年齢に関係なく起こる症状です。

今回は膝の痛みに着目し、具体的な症状と原因について、予防法や取るべき治療法についてお届けします。

膝の痛みの症状とその原因

まずは膝の痛みの症状の特徴や考えられる原因についてご紹介しましょう。

膝の痛みの症状とは?

膝の痛みの感じ方、また感じる部位は原因によって異なり、個人差もあります。具体的な症状の例は以下をご確認ください。

まず痛む部位からです。

・膝のお皿の下
・膝の内側
・膝の外側
・膝の内部

続いて痛みを感じやすいタイミングや痛み方を見ていきましょう。

・動作の動き出し(座位から立位、歩きはじめなど)
・階段の上り下り
・膝のこわばり
・あぐらをかきづらい
・正座をしづらい
・スポーツでボールを蹴る、受け止めるときなど

ご紹介した症状は膝の痛みを引き起こしている原因によって異なるため、しっかりと原因をさぐることが大切です。

膝の痛みの原因は?

続いて膝の痛みを引き起こす原因をご紹介します。

・変形性膝関節症
加齢と共に進行し、膝関節内側の軟骨組織(半月板)が摩擦によりすり減ることで起こる

・脛骨大腿関節
太もも前部の筋肉(大腿四頭筋)の緊張などにより、膝のお皿と骨が擦れあい痛みを起こす

・半月板損傷
サッカーなどのスポーツが原因となり、軟骨組織(半月板)が割れる、亀裂が入る

・靭帯損傷
前十字靭帯、後十字靭帯など膝の安定を守る靭帯組織が、伸びたり切れることで痛みが起こる

この他にも、急な体重増加なども膝に負担を与え、痛みを引き起こします。

膝の痛みの予防法は?


では膝の痛みを防ぐための方法を見ていきましょう。

膝の痛みの原因をいくつかご紹介しましたが、大きく分けると以下の3つに分類できます。

・スポーツなどによるオーバーワーク(使い過ぎ)
・運動不足による筋肉の拘縮
・加齢

使いすぎの場合は、痛みを防ぐためにアイシングなどで炎症を取り除くのが先決です。またストレッチを取り入れ、筋肉内に溜まった疲労性物質を洗い流すことも大切です。アイシングの仕方やストレッチ方法などもご紹介しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

逆に運動不足も筋肉の柔軟性を減少させ、膝の痛みを引き起こします。特にデスクワークが多い、普段身体を動かさない、子育てをしていて膝をつくことが多いといった方は要注意です。時には歩く機会を見つけること、ふくらはぎや太ももの筋肉をストレッチで柔軟にするように意識しましょう。そうすることで、筋肉が本来の動きをスムーズに行えるので、動き出しなどの痛みの予防に繋がります。

加齢においても諦める必要はありません。軟骨組織を修復するコンドロイチン、グルコサミンといった栄養素だけでなく、水中ウォーキングなどを取り入れるようにしましょう。それによって、関節のこわばりや変形も防ぐことができますよ。

膝の痛みの治療法


最後に、膝の痛みに対する治療法をお届けしましょう。

ご紹介してきた通り、加齢性の変形性膝関節症から、仕事や家事での負担によるもの、スポーツでのケガに至るまで原因はさまざまです。

当院では、膝を酷使したことによる痛みに対しては鍼灸治療やマッサージを併用しながら対応いたします。スポーツが膝に負担を与えていることは分かっていても、試合前で休めない、そんな時にもコンディション整備にご相談ください。リラックスした状態でマッサージを受け、筋肉を柔軟にすることで、ご自身でするストレッチもより効果が出やすくなりますよ。

またお母さんなどが行う以下の家事の動作には立ったり座ったりが多いものです。

・洗濯ものを畳む
・赤ちゃんのオムツ替え
・掃除機かけなど

これらの動作は背中が丸まってしまい、より膝に負担がかかりやすくなるのです。そこで猫背矯正をはじめとした姿勢矯正も膝の痛みの治療と深い関係があります。猫背の姿勢は前傾姿勢となるため、膝への負担は大きくなるためです。

また、現代人に多いペタペタ歩きも膝の負担を与える要因の1つです。あまり教わる機会はないかもしれませんが、歩き方の指導も取り入れながら膝の治療に取り組んでいます。

「わだちグループ」各院には膝の痛みに悩む多くの患者様が来院されています。年代や性別も異なる患者様の生活スタイルや強度を知った上で原因をしっかりと検査し、的確な施術法を取り入れることで、つらい膝の痛みを改善に導いています。

特に加齢性の膝の痛みは、年だから諦めるしかないと思われている方も多いものです。また医療機関では水を抜くという処置で終わらせてしまいがちです。

しかし当院ではそんな患者様の膝の痛みの原因に対して、スポーツを諦めなくてすむ、日常生活を元気に送っていただけるよう日々取り組んでいます。ぜひお気軽にお問い合わせください。

No tags for this post.