腰痛について~ | わだち整骨院グループ

腰痛記事の一覧です

腰痛について~

健康まめ知識

, , , , , , , , , , , , , ,

 

腰痛になったことがなかったり、軽度の腰痛程度ならその恐ろしさは分からないかもしれませんが、重症になってくると我慢出来ない程に…。                                                           体験したことがある人にしかわからないと思いますが、坐骨神経痛の痛みと言ったらひどく、立ってても座ってても痛いし横になっていても痛いんです。腰痛を慢性化させないためにやっておいたほうがいいことをご紹介します。

 

腰痛を慢性化させないためのポイント~

長時間同じ姿勢を取らない

これはとても重要で、ずっと同じ姿勢を取っていたら腰への負担も大きくなるので、定期的にストレッチをしたりして筋肉をほぐすようにしましょう。

また、すわり仕事が多い人は、クッション・座布団を使うのも効果的です。というのも、椅子とおしりの間に何も挟まない状態だと、体重が分散せずに不可が一転に集中しやすいからです。                                       ちなみにおすすめは馬具マットです。姿勢をきれいにキープできる設計で、腰の負担も減らせるので、腰の痛みを軽減したいのであれば使ってみてください。

 

ストレスをためない

ストレスは何でもよくなく、腰痛を引き起こす原因にもなります。

ストレスをあまり貯めこまないようにすることが大切です。

 

運動を定期的にする

仕事以外であまり動かない、その仕事でもあまり動かない、なんて人も多いと思います。

確かに定期的に運動するのは面倒ですよね。

でも、めんどくさがっていると、腰痛が悪化して日常生活もままならなくなってしまう恐れがあるので、したほうがいいですよ。

ただ、激しい運動をすると逆効果になってしまいます。そこでおすすめなのはウォーキングです。ウォーキングをすることによって腰回りの筋肉が鍛えられて、背骨を支えられるようになります。

 

 

 

 

姿勢が変われば驚くほど日常が変わる!

ほんの少しのキッカケで、

朝スッキリ起きれて疲れにくいカラダへ~

 

・背骨ゆがみ矯正、猫背整体、

産後骨盤引き締め、・きゅう、

EMS運動療法、、交通事故治療

肩・腰・ヒザの痛み・交通事故での

むちうち治療や体の不調を当院でしか受けれない施術で根本改善!

お困りの症状をわだちグループ各整骨院に

お気軽にご相談ください。

 

大阪市平野区加美駅、四條畷市四条畷駅

門真市大和田駅、八尾市JR八尾駅

吹田市千里山駅、枚方市枚方市駅

東大阪市徳庵駅、大阪市生野区桃谷駅

坐骨神経について~

健康まめ知識

, , , , , , , , , , , ,

 

坐骨神経とは・・・

腰部の筋肉の脊柱起立筋が緊張している状態をいいます。

この状態で脊柱起立筋群が緊張してしまうことで腰から背中、頸部にかけての痛みやだるさなど、様々な症状を発症してしまうものです。

この筋肉が緊張してしまうことで背中や首などあらゆる箇所が原因として考えられるようになります。

その首に付着する部分や背中の部分が悪くなってきても腰に痛みを発症することがあり、腰の筋肉が緊張して坐骨神経痛の原因となってしまいます。

腰から繋がりのある神経を圧迫したり刺激が加わることで坐骨神経痛が出てしまうんですね。

次に臀部の筋肉、特に中殿筋や梨状筋が緊張している状態

お尻の筋肉を大殿筋といいますが、その下にある筋肉を中殿筋(ちゅうでんきん)といいます。

更に深い部分にある筋肉で直接坐骨神経痛を圧迫しやすい筋肉を梨状筋といいます。

中殿筋が緊張してくるとこちら坐骨神経を圧迫するのはもちろんですが、長時間歩いていたり、立って作業しているとお尻のほうが痛くなってきて無意識に握りこぶしでバンバン叩いてしまうところです。

あなたも腰が痛くてお尻を叩いてしまったことないですか?その時はおそらくこの「中殿筋」が疲れて緊張している証拠ですよ。少し休んで緊張をほぐさないと坐骨神経痛として痛みやしびれなどの症状が出てきてしまいます。

もう一つの「梨状筋(りじょうきん)」ですが、こちらはお尻の深くにあり、この筋肉がなんらかの影響で緊張してしまうことで坐骨神経を直接圧迫してしまいます。

この症状を「梨状筋症候群」と言われていて、お尻の下の太ももの付け根から足のほうにしびれがでてきたり常に痛みがあり夜中に疼いて眠れないようになってしまう場合もあるため早急に施術したほうが良い疾患になります。こちらも坐骨神経痛の症状がでやすい疾患です。

最後に腸腰筋といって腰椎から大腿骨にかけて付着する筋肉の緊張によるもの

腸腰筋はちょくちょく僕がこのブログでお伝えしている筋肉ですね!

この筋肉は太ももを上げるときに使う筋肉で、人体で最大の体幹の筋肉になります。

この筋肉は腰痛や姿勢と大きく関係している筋肉であり、背骨(腰椎)から大腿骨に付着している「大腰筋」が緊張してしまうと腰痛と共に腰が伸ばしにくくなってへっぴり腰になってしまったり、腸腰筋全体が硬くなってしまうと無意識に歩行時などに脚を上げる動作が弱まってしまい段差もなにもない所でつまづいてしまったり、ズボンや靴下を履く際に脚が上がりにくくて履きにくかったりします。

 

 

 

姿勢が変われば驚くほど日常が変わる!

ほんの少しのキッカケで、

朝スッキリ起きれて疲れにくいカラダへ~

 

・背骨ゆがみ矯正、猫背整体、

産後骨盤引き締め、・きゅう、

EMS運動療法、、交通事故治療

肩・腰・ヒザの痛み・交通事故での

むちうち治療や体の不調を当院でしか受けれない施術で根本改善!

お困りの症状をわだちグループ各整骨院に

お気軽にご相談ください。

 

大阪市平野区加美駅、四條畷市四条畷駅

門真市大和田駅、八尾市JR八尾駅

吹田市千里山駅、枚方市枚方市駅

東大阪市徳庵駅、大阪市生野区桃谷駅

首痛について~

健康まめ知識

, , , , , , , , , , , , , ,

 

・冷やしたほうがいい?それとも温めるべき?

慢性化した痛みやこりは、入浴や40℃前後の蒸しタオルなどで温めるのが効果的です。しかし、急に痛くなった場合や、スポーツや仕事での特定の動作がきっかけで痛くなったばかりの場合は、炎症が起きている可能性があるので、まずは冷やして受診してください。

・運動したほうが、肩こりや腰痛が改善する?

体を動かして血流を促進するのは、肩こりや腰痛の改善に効果的です。肩こりや腰痛を理由に体を動かさないでいると、筋力が衰え、ますます症状が進みます。運動が苦手な人は、せめてストレッチやウオーキングなどを取り入れましょう。

・立ち仕事よりデスクワーク?

「座っている方がラクだから、腰痛になりにくい」と思いがちですが、そうとは限りません。座り仕事も立ち仕事も、ずっと同じ姿勢でいると、腹筋が“さぼって”しまうので、体の両側面や背部の筋肉に負担がかかり、腰痛を招きやすくなります。

 

 

 

 

姿勢が変われば驚くほど日常が変わる!

ほんの少しのキッカケで、

朝スッキリ起きれて疲れにくいカラダへ~

 

・背骨ゆがみ矯正、猫背整体、

産後骨盤引き締め、・きゅう、

EMS運動療法、、交通事故治療

肩・腰・ヒザの痛み・交通事故での

むちうち治療や体の不調を当院でしか受けれない施術で根本改善!

お困りの症状をわだちグループ各整骨院に

お気軽にご相談ください。

 

大阪市平野区加美駅、四條畷市四条畷駅

門真市大和田駅、八尾市JR八尾駅

吹田市千里山駅、枚方市枚方市駅

東大阪市徳庵駅、大阪市生野区桃谷駅

腰痛解消 ~ストレッチ~

健康まめ知識

, , , , , , , , , , , ,

 

普段から運動習慣がないと、なかなか時間を作ってまで運動をしない方も多いのでは!?

そこで今回は、お風呂上りや就寝前に家の中で簡単にできるストレッチを4パターンご紹介します。                  毎日の継続が、結果的に柔軟性の向上につながります。

ストレッチとは「伸ばす」という意味です。

この場合には身体の各筋肉や腱を意識的に伸ばすという意味で使われます。

 

目的~

柔軟性・弾性の維持・向上です。
弾性が増すことにより、より強い力を発揮することができます。
また柔軟性が増すことによって血行が促進されます。

そして、血行が良くなるということは、栄養が良く行き渡り、老廃物の回収効率も良くなるということです。
つまりそれだけ筋肉が若返ることができます。

やり方~

  1. 痛みが出ない範囲で伸ばしましょう
    (痛いと力が入ってしまいます)
  2. 弾みや反動をつけずに行いましょう
    (筋肉を傷めることもあります)
  3. 呼吸は止めないようにしましょう
    (楽な呼吸で続けましょう)
  4. 20秒から30秒ぐらい伸ばしてみましょう
    (気持ちよくゆったりと伸ばしましょう)

※他人と競争せずにマイペースで行いましょう!

 

 

 

 

姿勢が変われば驚くほど日常が変わる!

ほんの少しのキッカケで、

朝スッキリ起きれて疲れにくいカラダへ~

 

・背骨ゆがみ矯正、猫背整体、

産後骨盤引き締め、・きゅう、

EMS運動療法、、交通事故治療

肩・腰・ヒザの痛み・交通事故での

むちうち治療や体の不調を当院でしか受けれない施術で根本改善!

お困りの症状をわだちグループ各整骨院に

お気軽にご相談ください。

 

大阪市平野区加美駅、四條畷市四条畷駅

門真市大和田駅、八尾市JR八尾駅

吹田市千里山駅、枚方市枚方市駅

東大阪市徳庵駅、大阪市生野区桃谷駅

腰痛と手のしびれについて

健康まめ知識

, , , , , , , , , , , , , , , ,

 

・・・冷やす?温める?

通常のケガは急性の状態といえますが、いわゆる腰痛や膝関節炎、変形性膝関節症の痛みなどに対して、冷やすか温めるかは場合によります。

マラソンをした後に腰や膝関節が腫れて痛む場合や、ピッチャーをした後で肩関節が熱を持って痛む時には、数十分間冷やす方が後々の痛みや腫れを抑える効果があります。

逆に痛みや腫れがそれほどでもない時は、最初から温めた方がよい場合もあります。

腰痛は、いわゆるぎっくり腰など急性でとてもひどい痛みの場合でも、最初から温めた方が楽になることが多いようです。

冷やすか温めるかは、実際に冷やすか温めてみて、どちらが気持ちがよいかで決めるのもひとつの目安です。

ただし、慢性の腰痛や膝痛の場合は、急性期の後の慢性期には温めるのが基本となります。

 

手がしびれ・・・「血行不良」、「神経の圧迫」

血行不良が起こってしまう原因には、上記で例を挙げたように、寝ている時に枕や頭の下に手を入れてしまうことで、血液の流れを止めてしまう他にも、ストレスなどで自律神経が乱れることによって起こる場合もあります。

また、好きな物ばかり食べているなど、栄養バランスに欠けた食生活を続けていることで、血管が脆くなったり血中のコレステロールが増えすぎてしまい、血液の流れがスムーズに行かなくなることも、血行不良の原因として挙げられています。

また、長時間同じ姿勢で作業を行っていると、首や肩の筋肉が疲労して血流が悪くなり、その部分に老廃物が溜まってコリができ、そのコリが神経を圧迫することで、手にしびれを起こすこともあります。

この為、慢性的な頭痛や肩こり冷えなどに悩んでいる方は、血行不良や神経の圧迫により手のしびれを感じやすいと言われています。

 

 

 

 

姿勢が変われば驚くほど日常が変わる!

ほんの少しのキッカケで、

朝スッキリ起きれて疲れにくいカラダへ~

 

・背骨ゆがみ矯正、猫背整体、

産後骨盤引き締め、・きゅう、

EMS運動療法、、交通事故治療

肩・腰・ヒザの痛み・交通事故での

むちうち治療や体の不調を当院でしか受けれない施術で根本改善!

お困りの症状をわだちグループ各整骨院に

お気軽にご相談ください。

 

大阪市平野区加美駅、四條畷市四条畷駅

門真市大和田駅、八尾市JR八尾駅

吹田市千里山駅、枚方市枚方市駅

東大阪市徳庵駅、大阪市生野区桃谷駅

腰痛 ~対策方法~

健康まめ知識

, , , , , , , , , , ,

 

                   

腰に一番負担がかかるのは座る姿勢

長時間イスに座ったあと、特にひどく腰痛を感じたことはありませんか?                                       「座る」という姿勢は、腰への負担が一番大きいといわれています。                                                                           座っている時は、上半身の重さや動きの負担を受け止めるのが腰だけになってしまうからです。                          デスクワークやパソコンで仕事をすることが多い人が腰痛になりやすく、少しでも腰への負担を減らす座り方を知っておけば、腰痛防止につながります。

座る時の基本

イスに座る時は、つい背もたれに寄りかかったり、前かがみになったりしてしまいますよね。                               座る時の基本姿勢は、首と背骨がしっかり伸びた状態。                                                                                       ポイントは、骨盤を起こすことです。                                                      おしりで座るのではなく、お尻の下にある骨がしっかりと椅子に立っているようなイメージで座りましょう。                      骨盤が傾いてしまうと背骨も曲がり、猫背になってしまいます。                                                                                背筋を伸ばすことよりも骨盤の状態を意識することで、自然に背筋をピンと伸ばすことができます。                        そして、座っている時は足の裏をしっかりと床につけましょう。                                                                             こうすることで腰にかかる上半身の重みを軽減できます。

座りながら腹筋ができる?!

腹筋を鍛えると腰痛対策とシェイプアップ、一石二鳥の効果あり!                                                                                        まず、座った状態で、上半身と垂直になるよう片足をまっすぐ伸ばしてください。                                        10秒間伸ばしたままにした後、ゆっくりと下ろし、これをもう片方の足でも行い、それぞれ8回ほど繰り返します。  慣れてきたら回数や秒数を増やすとより効果的ですが、継続して行うことが一番大切。                               できる範囲で構わないので、毎日続けることを心がけましょう。

工夫次第で腰痛がラクになる?!

普段の立ち姿勢にも気をつけてみましょう。                                   立っている時の姿勢が悪いことも、腰痛を引き起こす原因のひとつ。                             姿勢が悪い状態でいると、腰のまわりの筋肉を緩ませ続けてしまい筋肉が弱くなってしまいます。                        そうなると腰全体への負担も増え、腰痛になってしまうのです。                           また、背中が丸まっていたり、下腹が出ているような姿勢だったりすると見た目も良くないので、年齢以上に老けて見られてしまうことも。                                          正しい立ち方は、背骨はまっすぐ両足に均等に体重がかかっていて、頭もまっすぐ伸びているという状態です。                 下腹が出ないようにお腹に力を入れると、さらに姿勢はよくなります。                          立ち姿がきれいだと、腰痛対策ができる上に若々しい印象を与えられます。

 

 

 

 

姿勢が変われば驚くほど日常が変わる!

ほんの少しのキッカケで、

朝スッキリ起きれて疲れにくいカラダへ~

 

・背骨ゆがみ矯正、猫背整体、

産後骨盤引き締め、・きゅう、

EMS運動療法、、交通事故治療

肩・腰・ヒザの痛み・交通事故での

むちうち治療や体の不調を当院でしか受けれない施術で根本改善!

お困りの症状をわだちグループ各整骨院に

お気軽にご相談ください。

 

大阪市平野区加美駅、四條畷市四条畷駅

門真市大和田駅、八尾市JR八尾駅

吹田市千里山駅、枚方市枚方市駅

東大阪市徳庵駅、大阪市生野区桃谷駅

腰痛運動

健康まめ知識

, , , , , , , , , , , ,

 

腰痛の原因にはさまざまなものがあります。

代表的な原因:①骨の老化・筋肉の異常、②内臓の病気、③精神的要因などがあります。                            毎日のストレッチで筋肉を少しづつ強化し、腰痛予防・解消しましょう。

 

ストレッチの目的とは?

柔軟性・弾性の維持・向上です。                                                     弾性が増すことで、より強い力を発揮することができ、また柔軟性が増すことによって血行が促進されます。                                               そして、血行が良くなるということは、栄養が良く行き渡り、老廃物の回収効率も良くなるということです。                   つまりそれだけ筋肉が若返ることができます。

ストレッチのやり方は?

  1. 痛みが出ない範囲で伸ばします
  2. 弾みや反動をつけずに行います
  3. 呼吸は止めないようにして下さい
  4. 20秒から30秒ぐらい伸ばしてみましょう  ※ゆっくり伸ばして下さいね。

柔軟性は一人一人違います。マイペースで気持ち良く行いましょう。

 

 

 

姿勢が変われば驚くほど日常が変わる!

ほんの少しのキッカケで、

朝スッキリ起きれて疲れにくいカラダへ~

 

骨盤・背骨ゆがみ矯正、猫背整体、

産後骨盤引き締め、・きゅう、

EMS運動療法、、交通事故治療

肩・腰・ヒザの痛み・交通事故での

むちうち治療や体の不調を当院でしか受けれない施術で根本改善!

お困りの症状をわだちグループ各整骨院に

お気軽にご相談ください。

 

大阪市平野区加美駅、四條畷市四条畷駅

門真市大和田駅、八尾市JR八尾駅

吹田市千里山駅、枚方市枚方市駅

東大阪市徳庵駅、大阪市生野区桃谷駅

骨盤矯正

健康まめ知識

, , , , , , , , , , , , , , ,

 

骨盤が歪む原因と症状、対策などの豆知識

多くの女性が悩む骨盤の歪みですが、その原因は何か・・。                                          また、骨盤が歪むことでどのような症状が引き起こされ、どのように対策をすれば良いかなどを紹介します。                       骨盤の歪みでお悩みの方は、ぜひとも参考にしてみて下さい。

骨盤が歪む原因

なぜ女性は骨盤が歪みやすいか・・。それはハイヒールやピンヒールなどを履く機会が多いからです。                           ヒールが高い靴を履くとふくらはぎの筋肉が硬くなりますが、太ももの筋肉はバランスをとる為に緩みます。                       その太ももの筋肉につられお腹周りの筋肉も緩み、骨盤を支えられなくなり骨盤が歪んでいきます。                             また、間違った足の組み方、バッグの持ち方を長期間続けることも歪みの原因となります。

骨盤の歪みが引き起こす症状

骨盤が歪むと、体全体のバランスが崩れて筋肉が緊張気味になってしまいます。                                   筋肉がそのような状態になれば、血流も悪くなり、肩こりや腰痛などを引き起こしやすくなり、また骨盤の近くに位置する子宮周りの血行も悪くなるので、生理痛や生理不順、尿漏れなどに悩まされる可能性も高くなります。                                    このように、骨盤の歪みは体全体に与える影響は大きいと言えます。

骨盤の歪み対策

骨盤の歪み対策として自分でできる事は、骨盤周りの筋トレやエクササイズです。                                座った状態でお尻だけで歩くお尻歩き、タオルを膝に挟んでの立ちスクワットなどが良いでしょう。                              これらと平行して、整骨院の骨盤矯正を受けるのも治療の1つとしておススメです。                                     1つよりも複数の対策を行ったほうが、骨盤の歪みは改善されやすくなります。

 

 

 

 

姿勢が変われば驚くほど日常が変わる!

ほんの少しのキッカケで、

朝スッキリ起きれて疲れにくいカラダへ~

 

・背骨ゆがみ矯正、猫背整体、

産後骨盤引き締め、・きゅう、

EMS運動療法、、交通事故治療

肩・腰・ヒザの痛み・交通事故での

むちうち治療や体の不調を当院でしか受けれない施術で根本改善!

お困りの症状をわだちグループ各整骨院に

お気軽にご相談ください。

 

大阪市平野区加美駅、四條畷市四条畷駅

門真市大和田駅、八尾市JR八尾駅

吹田市千里山駅、枚方市枚方市駅

東大阪市徳庵駅、大阪市生野区桃谷駅

腰痛

健康まめ知識

, , , , , , , , , , , ,

 

日常的な姿勢が原因で、さまざまな不調が現れてくることをご存知ですか?

 

腰の負担が一番大きいのは「座る」姿勢

「良い姿勢」というのは、骨と筋肉のいずれにも余分な負担がかからない状態です。                               逆に「悪い姿勢」というのは、体の1ヶ所に大きな負担がかかり続ける姿勢です。                                 座位が腰への負担が一番大きいことがわかりますが、これは股関節が曲がり腹筋がゆるむ為に、                                 上半身の重さや動きを支えるための負担が腹筋以外の背中や腰の筋肉、背骨と椎間板にかかるからです。                                            デスクでパソコン操作をし続ける作業が、いかに腰痛の原因になる姿勢であるかがわかります。

対策1 イスに正しく座る

座る姿勢の基本は、背骨も首もしっかり伸びていることです。                                           「おへそから下を背骨に近づける」要領で、腹筋に力を入れることも大切です。                                 この姿勢をとる為には股関節と膝頭が水平、もしくは股関節より膝頭がほんの少し高くなり、                         足の裏がしっかりと床についていることが望ましいです。

対策2 座ったままできる腹筋の鍛え方

座っている姿勢でも腹筋をゆるませないことが、腰痛予防には大切です。                                     そもそも腹筋は、意識して力を入れたり抜いたりできる数少ない筋肉なので、                                   リラックスして座ったときにはゆるんでしまいがちです。                                             このサボりやすい筋肉を鍛える事が腰痛予防になります。

対策3 若々しい立ち姿勢を保つ

あごが前に出て背中が丸く、下腹が出て膝が曲がっているのが悪い立ち姿勢。                                           こんな姿勢では、腰痛だけではなく肩こりや膝痛も引き起こします。                                           また、年齢より老けた印象を与えてしまいます。                                                  良い立ち方とは、両足に均等に体重がかかり背骨はまっすぐ上下に伸びて、                                      頭もまっすぐに支えられていることで、正しく立つためには足裏全体で床を踏みしめるようにします。                          ここでも腹筋を意識して、下腹が前に出ないように気をつけましょう。

 

 

 

 

姿勢が変われば驚くほど日常が変わる!

ほんの少しのキッカケで、

朝スッキリ起きれて疲れにくいカラダへ~

 

骨盤・背骨ゆがみ矯正、猫背整体、

産後骨盤引き締め、・きゅう、

EMS運動療法、、交通事故治療

肩・腰・ヒザの痛み・交通事故での

むちうち治療や体の不調を当院でしか受けれない施術で根本改善!

お困りの症状をわだちグループ各整骨院に

お気軽にご相談ください。

 

大阪市平野区加美駅、四條畷市四条畷駅

門真市大和田駅、八尾市JR八尾駅

吹田市千里山駅、枚方市枚方市駅

東大阪市徳庵駅、大阪市生野区桃谷駅

腰痛

健康まめ知識

, , , , , , , , , , , , ,

 

今回は、「」についてお話します。                                                                                                   「」は、腰が痛む状態の事で、原因としては、ヘルニアや脊椎管狭窄症のようにひどいものからギックリ腰や生理痛時におこる腰痛など、           幅広くみられます。姿勢も腰痛に関係します。                                                                                                                   パソコンを長時間使用する事務職の方やトラックの運転手の方などに、職業病として「」が起こります。                                                                        腰の負担が一番大きいのは「座る」姿勢なのです。

 

腰痛対策1     ~イスに正しく座る ~基本姿勢は「膝頭が股関節よりほんの少し高く」~

座る姿勢の基本は、背骨も首もしっかり伸びていることです。                                                                                          また、「おへそから下を背骨に近づける」要領で、腹筋に力を入れることも大切。                                                                           この姿勢をとる為には、股関節と膝頭が水平、もしくは股関節より膝頭がほんの少し高く、足の裏がしっかりと床についていることです。                         しかし、実際には座面が高く、座ると膝頭が下がるイスを使っている人が多いことでしょう。                           そのときには、足元に菓子の空き缶や、雑誌を重ねたものなどをおくと楽になり、腹筋に力が入りやすくなって腰痛予防にもなります。

腰痛対策2 ~若々しい立ち姿勢を保つ~

あごが前に出て背中が丸く、下腹が出て膝が曲がっているのが悪い立ち姿勢。                                こんな姿勢では腰痛だけではなく、肩こりや膝痛も引き起こします。                                    また、年齢より老けた印象にも・・。
良い立ち方とは、両足に均等に体重がかかり、背骨はまっすぐ上下に伸び、頭もまっすぐに支えられていることです。              正しく立つためには、足裏全体で床を踏みしめるようにします。

腰痛対策3 ~寝るときは胎児姿勢で~

腰痛のある人は仰向けに寝ると、夜中に寝返りが打てずに目が覚めてしまったり、朝になって腰が痛くて起き上がれなくなる場合もあるので要注意です。                                                                  寝る時に横向きになって「ふーっ」と息を吐きながら両膝を抱えるような胎児姿勢にすると、腰の前湾を減らせるので腰が楽になります。

 

 

姿勢が変われば驚くほど日常が変わる!

ほんの少しのキッカケで、

朝スッキリ起きれて疲れにくいカラダへ~

 

・背骨ゆがみ矯正、猫背整体、

産後骨盤引き締め、はり・きゅう、

EMS運動療法、マッサージ、交通事故治療

肩・腰・ヒザの痛み・交通事故での

むちうち治療や体の不調を当院でしか受けれない施術で根本改善!

お困りの症状をわだちグループ各整骨院に

お気軽にご相談ください。

 

大阪市平野区加美駅、四條畷市四条畷駅

門真市大和田駅、八尾市JR八尾駅

吹田市千里山駅、枚方市枚方市駅

東大阪市徳庵駅、大阪市生野区桃谷駅

古い投稿ページへ